ビジネスの場では、請求書の作成は避けて通れない重要なタスクです。特に、手書きで請求書を作成する場合、その書き方には特別な注意が必要です。この記事では、手書きでの請求書の書き方について詳しく解説します。

 

PDFの請求書をオンラインで作成できる。請求書PDF作成ツールをリリース。スマホでも使用できます。
請求書PDF作成ツール

請求書は手書きでもOK

請求書は、通常はパソコンで作成することが多いですが、手書きで作成してももちろんOKです。

請求書を手書きすると、特別なソフトウェアやプリンターが不要なのでコストが安くすみ、どこでも簡単に作成できます。また、手書きによる個人的なタッチはビジネスに温かみを与え、顧客との良好な関係構築に役立つという側面もあります。

請求書の基本的な書き方

手書きで請求書を作成するために、請求書の基本的な書き方を理解しましょう。以下に、手書きで請求書を作成する際の基本的な項目を示します。

  • 請求先の名称と住所
  • 請求日
  • 品目名
  • 数量
  • 単価
  • 金額
  • 消費税
  • 合計金額

これらの項目は、請求書に必ず含まれるべき基本的な情報です。

 
以下の国税庁のページに必要項目が記載されています。
No.6625 請求書等の記載事項や発行のしかた(国税庁)

手書きでの請求書作成のポイント

次に、手書きでの請求書作成のポイントをいくつか紹介します。

明瞭性
請求書は、受け取った人が一目で理解できるように、明瞭かつ簡潔に書くことが重要です。

正確性
金額や品目名などの情報は、間違いのないように正確に記入します。

丁寧さ
手書きの請求書は、丁寧に書かれていることが求められます。字が汚いと、受け取った人に不快感を与える可能性があります。

手書き請求書のサンプル

最後に、手書きでの請求書のサンプルを示します。このサンプルを参考に、自分のビジネスに適した請求書を作成してみてください。

手書きの請求書の見本

手書きの注意点

手書きで請求書を作成するときに、注意しなければならないのはパソコンやワープロに比べて「見にくい」ことが多いことです。字がキレイでなくとも構いませんが、なぐり書きや数字が読みにくいと誤解を生みやすいので注意してください。

手書きの請求書を作成するときの注意点

  • 鉛筆ではなくボールペンで書く
  • 数字を読みやすくはっきりと書く
  • ¥や金額の後の-を忘れず書く

手書き請求書のよくある質問

請求書の支払期限はどう決めますか?

サービス提供後の30日以内が一般的ですが、取引先との契約により、その期間は変動することもあります。

振込先の情報はどこに書くべきですか?

請求書の下部や裏面に、銀行名、支店名、口座番号、口座名義を明記してください。

請求書は特定の様式でなければなりませんか?

決まった様式はありませんが、必要な情報(日付、金額、品目、振込先など)を含むことが重要です。

100均で購入した請求書で構いませんか?

100均で購入した請求書のつづりでも全く問題ありません。必要事項を手書きで書いて判を押して提出します。

手書きの請求書でも法的に問題はありませんか?

手書きでも法的には問題ありませんが、紛争を避けるため、正確で丁寧に記載し、読みやすい書体で書くことを推奨します。

マイナスの請求がある場合、どうすればいいですか?

マイナスの請求が発生した場合、通常は相手方に払い戻しを行うか、次回の請求額から差し引く形になります。

まとめ

この記事では、手書きでの請求書の書き方について詳しく解説しました。以下にその要点をまとめます。

請求書の基本的な書き方
請求書には請求先の名称と住所、請求日、品目名、数量、単価、金額、消費税、合計金額などの基本的な項目が必要です。

手書きでの請求書作成のポイント
手書きの請求書は明瞭性、正確性、丁寧さが求められます。受け取った人が一目で理解でき、間違いのない情報が記入され、丁寧に書かれていることが重要です。

手書き請求書のサンプル
記事では手書きでの請求書のサンプルも提供しています。これを参考に、自分のビジネスに適した請求書を作成することができます。

手書きの請求書作成は、一見難しそうに思えますが、基本的な書き方とポイントを押さえておけば、誰でも簡単に作成することができます。この記事が、あなたのビジネスに役立つ情報を提供できたら幸いです。

テンプレートから、必要項目を手書きすることも可能です。請求書テンプレートについては以下の記事を参照してください。

請求書テンプレート

Twitterでフォローしよう