組織図をエクセルで作る方法 | 初心者でも簡単な3つの方法

今回は、エクセルで組織図を作る方法3種類を紹介します。

組織図というと組織を表すなのでパワーポイントが適していると思いがちですが、エクセルでも簡単に作成することができます。

3種類の方法は、それぞれに一長一短があるので自分が「作りやすそうだな」と思う方法でつくってください。

セルと罫線を使って作成

一番簡単でオーソドックスなのが、セルと罫線を使って組織図を作る方法です。

では順を追ってやり方を見ていきます。

STEP1.空白のブックでエクセルを起動

エクセルを起動して「空白のブック」を開きます。

STEP2.シート内のセルをすべて正方形にする

セルを小さい正方形の方眼紙状態にします。
正方形にすると、図形がつくりやすく、罫線をキレイに引くことができます。

セルを正方形にしたエクセルシート

正方形のサイズは組織図のボックスの量で決めます。
作りたい組織図ボックスが多ければサイズの小さい正方形、組織図ボックスが少なければ正方形のサイズを大きくした方が扱いやすいです。

とりあえず今回は、縦x横を20ピクセルでやってみます。

セルのサイズ変更のやり方

1. 左上の「すべて選択ボタン」をクリック
すべて選択ボタン

2. [ホーム] タブの [セル] グループで、[書式] をクリック
[ホーム] タブ [セル] グループ[書式] ボタン

3. [セルのサイズ] の [列の幅の自動調整] をクリックしてサイズを入力
 [セルのサイズ] の [列の幅の自動調整]

STEP3.ボックスを作成する

セルを選択して好きな大きさの組織図の各要素のボックスを作ります。

図形のサイズは自分の組織図の要素によって変更しますが、必ず偶数個のセルを結合させます。
セルを偶数個にしておくと、罫線を真ん中で引くことができるためです。

セルをボックス用に選択

STEP4.ボックスの枠を描く

ボックスを選択した状態で右クリックし「セルの書式設定」からボックスの枠をつくります。

右クリックし「セルの書式設定」を選ぶ

セルの書式設定ダイアログから、線種を選んで「外枠」で囲みます。

セルの書式設定ダイアログ

STEP5.要素分のボックスを作る

同じ要領で組織図の要素数分のボックスをつくり並べます。
ボックスの結合はこの段階でしてもかまいません。後で結合してもOKです。

組織図に必要なボックスをつくる

STEP6.罫線を引く

各ボックスを罫線でつなぎます。
偶数個のボックスを作成すれば罫線をボックスの真ん中にひくことができます。

罫線を引く

STEP7.文字入力

最後に各ボックスに文字を入力していきます。
お好みでボックスに色をつけてかっこよくしてください。
これで、セルと罫線で組織図が完成です。
組織図の要素を入力

図形(オートシェイプ)を使って作成

続いて、図形を使って組織図を作る方法です。

STEP1.空白のブックでエクセルを起動

エクセルを起動して「空白のブック」を開きます。

STEP2.図形を挿入してボックスを作る

挿入→図形から長方形もしくは、角丸の長方形を選択してセルに挿入します。

書式→図形から四角を選ぶ

長方形のサイズは後から変更できますが、コピーして同じ大きさのボックスを作った方が効率がいいのでできるだけ最初にサイズを決めてしまった方がいいです。

STEP3.ボックスをコピーして要素を作る

組織図を構成する要素を作ります。最初に作ったボックスをコピーして、貼り付けていきます。
ボックスをコピーする方法は、コントロールキーを押しながらボックスの図形を選択し、コピーしたい場所にドロップします。

Ctrlを押しながらドロップ

貼り付ける前にセルを選択しておくと、選択したセルの左上に合わせられます。

STEP4.ボックスを正確に並べる

線を引く前にボックスをずれなく並べます。
ボックスずれてしまうと線がまっすぐに引けずにカッコ悪くなってしまいます。

ボックスを正確に並べる

図形をそろえる方法は、手動で行わずに書式→配置を使います。

図形のそろえ方

1.そろえたい図形をコントロールキーを押しながら選択していきます

図形を選択

2.メニューに描画ツール[書式]が表示されるので、それをクリックします。

書式ボタンをクリックする

3.「書式」メニューの「配置」を選択して、図形をそろえます。
書式メニューの配置

今回は「上揃え」で整列させ、このようになりました。

上揃えで整列したボックス

ボックスの整列については以下のページで紹介しています。
オブジェクトを整列または配置する

STEP5.ボックスに線を結ぶ

ボックスをキレイに配置できたら、最後に線を引きます。
線は「挿入」→「図形」から直線を選びます。

「挿入」→「図形」→「直線」

STEP6.図形に文字を入力する

最後に図形に文字を入力します。
図形に文字を入力するには、図形を選択し右クリックから「テキストの編集」を選びます。

ボックスにテキストを入力する

これで図形(クリップアート)による組織図が完成しました。
色やタイトルなどをお好みで設定してください。

SmartArtを使って組織図を作成

STEP1. SmartArt を起動

空白のシートから、 [挿入] メニューの [SmartArt] をクリックすると、SmartArtの各種テンプレートのダイアログボックスが表示されます。

メニューのSmartArt

STEP2.テンプレートを選ぶ

組織図のテンプレートは、左側の[階層構造] グループをクリックします。
組織図用のテンプレートが表示されるので、使用したいテンプレートを選択します。

SmartArtグラフィックの選択

STEP3.組織を入力する

組織図テンプレートを選択すると、リスト形式でテキストを入力できるようになります。階層は後で修正できるので、まずは必要な要素をすべて入力していきます。

組織図を入力

STEP4.階層を修正する

組織の要素を入力したら、階層を正しく修正します。
組織の要素は後で追加することが可能です。

階層の修正は、リストから行います。修正したいボックスの文字を右クリックして、メニューから移動場所を選びます。
SmartArtの階層を修正する

STEP5.デザインを変更する

組織図ができたら、次にレイアウトや色を変更します。レイアウトは組織図のSmartArtを選んだ状態で、メニューの
「デザイン」→「レイアウトの変更」
色は、同じくメニューの
「デザイン」→「色の変更」
から行います。
色やレイアウトを変更する

これでSmartArtで組織図を簡単に作成できました。
SmartArtで組織図の完成

まとめ:組織図を作る方法

今回は、組織図を作る3つの方法を紹介しました。

それぞれの方法は、どれが正しいということはなくメリットデメリットがあるので自分が作りやすい方法、メンテナンスしやすい方法を選ぶといいでしょう。

また、自分で1から組織図を作るのがたいへんという場合にはすでにできているテンプレートを利用するという方法もあります。当サイトでも組織図のテンプレートを配布しているので、利用してみてください。

組織図テンプレート01組織図テンプレート02

エクセル組織図テンプレート | おしゃれな組織図が無料ダウンロード可能

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事