資金繰り表のテンプレート アイキャッチ

どんなに売上が上がっても資金繰りがうまくいかないと事業は失敗してしまいます。

資金繰り表を作成することで、会社の資金がどのように使われていて、売上がどのように入金されるのかがわかるようになります。

今回は、シンプルな資金繰り表のエクセルテンプレートを紹介します。資金繰り表を作成して事業に必要なお金の流れを把握してみてください。

資金繰り表とは

資金繰り表とは、会社のお金の流れを把握するための管理表です。

会社のお金がどのように入金されて、どのような経費がかかって出ていくのかを表で予測することでいつ資金が足りなくなるのかを把握することができます。

会社が倒産する一番の理由は赤字で事業がうまくいかなくなることよりも、手持ちの現金がなくなり支払いができなくなることです。そういった事態を回避するためにも、資金繰り表を作成して、いつ資金がなくなりそうか、借り入れなども含めて計画することが大切になってきます。

エクセル資金繰り表テンプレート

資金繰り表のエクセルテンプレートを2種類紹介します。シンプルな収支と借入計画なども記入できる資金繰り表と、同じ項目で予定と実績を管理できる予実欄がついたタイプです。

シンプル

シンプルな資金繰り表です。売上や売掛金回収などの収入、人件費、材料費などの経費を記載する支出欄と借入の調達や返済を管理して資金の流れを一覧で見ることができます。支出の項目については、自分の事業用に変更してもいいでしょう。

シンプルな資金繰り表のテンプレート

資金繰り表テンプレート01

予実あり

上記の資金繰り表と項目の内容は同じですが、予算欄と実績欄があるので予想に対して実際はどうだったのかを常に把握することができます。

予実ありの資金繰り表テンプレート02

予実ありの資金繰り表テンプレート02

資金繰り表の簡単な作り方

資金繰り表の作り方は、各月の項目に数値を入力していくだけです。

資金繰り表で計画すると意外に支出が多くなったり、収入が少なくなったりするので若干厳しめに作成した方が早めにリスクを回避できます。

まだ事業を始めていない場合は収入や支出を正確に予測することは難しいのですが、予実管理の方を使って、予測の数字を入力して実績と比べることで徐々に資金繰りを正確に把握できるようになってきます。

まとめ

資金繰り表の作り方やエクセルテンプレートについて紹介しました。

資金繰り表は、一度作成してしまえば終わりではありません。はじめは計画として概算で入力しておいて、はっきりと収支がわかってきた段階で正確な資金繰りの数字にすることです。

Twitterでフォローしよう