今回は、営業や面接時に使用できるヒアリングシートのテンプレートを紹介します。

サンプルの項目が設定されているエクセルシートを無料でダウンロードできるので、修正してオリジナルの内容にすることもできます。

ヒアリングシート テンプレート

今回ダウンロードできるテンプレートは、従業員の採用面接で使用できる面接用ヒアリングシートと顧客へのヒアリングで使える営業用ヒアリングシート、WEB制作時に使用するシートの3種類があります。

面接用

従業員の面接時に使用する面接ヒアリングシートです。応募の経緯や前職の内容など一般的な項目をサンプルとして設定しています。面接の内容は、職種や業界によって異なるので、必要な項目を追加してオリジナルのヒアリングシートを作成してください。

面接用ヒアリングシートテンプレート

営業用

顧客への営業のときに使用できる営業ヒアリングシートテンプレートです。顧客の基本情報から、ヒアリング項目、今後の予定といった一般的な営業でのヒアリング項目が設定されています。

営業ヒアリングシートテンプレート

WEBサイト制作用

WEB制作を行うときに顧客から、どのようなサイトにするか聞き取りをするためのシートです。一般的なWEbサイト作成時に必要な項目が設定されています。

WEB制作用ヒアリングシート

ヒアリングシートとは

ヒアリングシートとは、顧客や従業員採用の面接など、相手の要望や質問内容をあらかじめ決めてスムーズに面談を行うためのチェックリストです。

ヒアリングシートを作成しておくことで、毎回どのように営業や面談を進めたらいいか迷うことがなくなるため、効率よく目的を達成することができます。

営業用ヒアリングに必要な項目

自社製品やサービスを営業する場合、ヒアリングシートを作成しておくと適切な営業提案を行うことができます。営業用ヒアリングに必要な項目は業種や製品によって異なりますが、以下のような項目を作成する場合が多いです。

  • 現状の課題
  • お客様は、現状何に困っているのか、どのような要望を持っているのかを探るのが出発点です。お客様自身が現状の課題をわかっていないという場合もあるため、困っていることをよく聞いて真の要望を見つけることです。

  • 使用中の製品・サービス
  • お客様が、営業を受け入れているのは現状と要望との間にずれがあるためです。現在他に利用している製品やサービスがある場合は、その不満点や満足している点を聞き入れ、提案する際の訴求ポイントとすることです。

  • 製品・サービスの重視するポイント
  • 製品やサービスをを選定するにあたって、コストなのか、機能なのか、サポートなのか、また別のなにかなのかを知っておくことで、営業戦略が変わってきます。これは、できるだけ決裁者の重視するポイントを探ることが大切です。現場と決裁者で重視するポイントが異なっていることはよくあります。

  • 納期・スケジュール
  • お客様がいつまでに導入したいのか、そのようなスケジュールを考えているのかを知ることで、この案件がすぐに対応しなくてはならないものか、後回しにしてもいいのかがわかります。

  • おおまかな予算
  • 予算を知ることで、どのような提案をすればいいのかがわかります。また競合がいる場合はコストで決定される可能性も大いにあります。とはいえ、予算についてはセンシティブなことなので遠回しに予算感を尋ねるようにするといいでしょう。

  • 決済フロー・決裁者
  • 製品やサービスを導入するまでに、どのように選考して、最終的に誰が決定するかの流れをヒアリングします。プレゼンや説明が決済フローに合ったものの方が採用される可能性が高まることもあります。

  • 製品・サービスへの感想・疑問点
  • 自社製品やサービスに対して、「どのような感想をもっているか」をヒアリングしておきます。マイナスの印象であれば、それを覆すような提案、お客様の課題を解決できない印象であれば、説明の仕方を変えるなど、提案がうまくいっているか、今後どのように提案していけばいいのかが決まってきます。

まとめ

今回は、採用面接や顧客への営業に使うことができるヒアリングシートのエクセルテンプレートを紹介しました。

あらかじめヒアリングシートを作成しておくと、どのように面談を進めるか迷うことなく行うことができます。

面接内容や営業時のヒアリング項目は、業界や業種によってことなるのでテンプレートを参考にしてオリジナルのヒアリングシートを作成してください。

Twitterでフォローしよう