研修報告書の書き方と例文

会社員として研修を受ける機会は意外に多くあります。会社も単に研修を受講させるだけでなく仕事の成果として研修報告書(研修レポート)を提出させることが一般的です。

研修報告書は、研修の内容を報告することが目的ですが、報告書がしっかり書けていると上司や上役に「デキる奴だ」と認められることもあります。

このページでは、上司に評価される研修報告書の基本的なフォーマットや書き方、テンプレートについて紹介します。

研修報告書の基本フォーマット

研修報告書は、必ずこう書かなくてはいけないという必須のフォーマットというのはありません。

しかし、報告のための文書なので日時や場所、研修(講習)の内容といった抑えておくべき基本的な項目はあります。

会社によっては研修報告書の決められた様式がある場合もあるので、先に確認しておき、会社にフォーマットが無いようなら以下のような項目をまとめて提出するようにします。

提出日
所属と氏名
タイトル
参加日時+曜日
場所
研修名
講師名
研修の内容
所感

基本項目の書き方

ビジネス文書の基本的な項目、提出日、受講者の所属と氏名、タイトルは必須の項目です。提出日や所属、氏名は正確にタイトルは、研修内容がわかるように、かつ簡潔に書く必要があります。

タイトルの例:

×:セミナーの件
〇: 「〇〇研修」受講報告書

参加日時、開催場所

研修に参加した日時+曜日+開催時間、開催場所を記載します。これらの事項は、研修受講の記録として後で見返したときにいちいち調べたり思い出したりすることがないように正確に記載しておきます。

研修名、講師名

研修名を記入することは当然として、研修のテーマがあればどんな研修だったのか文書を見ただけで判断できます。研修名を見ただけでテーマがすぐにわかるような場合はテーマは省略してもいいでしょう。

講師名も必須ではありませんが、書いておいた方が後から見直したときに誰が講師で、評価はどうだったのかということがわかるので、今後研修を受ける人の参考になります。

研修の内容

研修の内容は、最初から最後まで詳しく書く必要はありません。内容のポイントだけ抑えて箇条書きで簡潔に記した方が後から見たときにわかりやすいでしょう。

ここには報告者の感想はいりませんので、資料の目次などを参考にして研修の内容だけを書いていきます。目次をそのまま写すと長くなることがあるのでその場合は要約して短くまとめます。

所感

研修報告書で大切なのが「所感」です。受講者がこの研修で何を学んだのか、どう感じたのかということ簡潔に記していきます。ありがちな「ためになった」「参考になった」だけではビジネス文書としてよくありません。

研修といえども、あくまでビジネスなので「この研修が仕事にどう活かせるのか」「今後の活動にどう役に立つのか」ということを絡めていくことが良い報告書です。

所感の例:

・当社のシステムは他社のものと比べ効率が悪く早急な置き換えが必要だとわかった。
・研修の内容を踏まえた新たな企画を作成するアイデアがいくつか浮かんできた。次回の企画会議に間に合うように資料を作成したい。
・営業効率を高めるための当社の改善案が見つかった。次回の営業会議で情報共有し改善案の資料をまとめたい。

研修報告書【例文】

研修報告書の例文を紹介します。この例文はワードテンプレートでもダウンロードできます。

令和〇年〇月〇日  

営業部長 〇〇 ○○殿

営業部 山田 太郎  
○○研修受講報告書

このたび、標記の研修を受講しましたので下記のとおりご報告いたします。

1. 日時 令和〇年〇月〇日(〇) ○時~〇時
2. 場所 ○○会館 セミナールーム1
3. 研修名 「売れない時代の最新営業活動」
4. 講師名 〇〇株式会社 代表取締役 ○○ ○○氏
5. 研修の内容 主な研修内容は以下のとおり。
(1) 営業マナー講習
(2) 営業電話応対 講習
(3) 営業電話応対 実習
(4) 売れるビジネスメール 講習
(5) 売れるビジネスメール 実習
(6) 講師による総括
6. 所感
研修では、基本的な営業のマナーから電話応対、ビジネスメールの書き方を従来のやり方からトップ営業マンが行っている方法について事例を元に解説いただいた。当社の現状と当てはめて、現状の営業活動と顧客へのアプローチで改善すべき点を認識することができた。営業部全体での売上アップのために、次回の営業会議時に情報の共有を行いたい。
以上  

研修報告書のテンプレート

上記のフォーマットとポイントを抑えたテンプレートを以下からダウンロードできます。ワードで作成されているので、どの会社でも項目や内容を変えるだけで利用できるでしょう。

まとめ

研修報告書は、研修を受講してどのようなことを学んだのかという成果を報告することが目的です。会社としては、研修もビジネスの一環として業務につなげることを期待しています。

研修からどのように業務に活かせるのかを簡潔に書くことで上司から評価される報告書を書くことができます。報告書の例を参考にして良い報告書を作成してください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事