事業戦略やマーケティング戦略を立てるには、現状を正確に把握し、最適な戦略を策定することが不可欠です。そこで、強力なツールとなるのがSWOT分析です。

SWOT分析は、「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4つの要素を分析することで、自社の状況を明確化し、効果的な戦略を構築するためのフレームワークです。

この記事では、テンプレートと詳細解説、成功のためのポイント、実行方法などを紹介します。SWOT分析を最大限に活用して、目標達成を加速させましょう!

SWOT分析とは

SWOT分析は、「強み(Strengths)」「弱み(Weaknesses)」「機会(Opportunities)」「脅威(Threats)」の4つの要素を分析することで、自社の状況を明確化し、効果的な戦略を構築するためのフレームワークです。

SWOT分析の重要性

SWOT分析は、以下の点において重要な役割を果たします。

現状把握
自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を明確に把握

戦略策定
強みを活かし、弱みを克服する戦略を立案

問題解決
課題を分析し、解決策を導出

意思決定
客観的な情報に基づいて、適切な意思決定

チームワーク
共通認識を持ち、チーム全体の士気を高める

SWOT分析の構成要素

SWOT分析は、以下の4つの要素から構成されます。

強み(Strengths): 自社の競争優位性
弱み(Weaknesses): 自社の競争劣位性
機会(Opportunities): 市場環境や顧客ニーズの変化
脅威(Threats): 競合他社や経済情勢の変化

それぞれの要素を深く掘り下げることで、より効果的な戦略を策定することができます。

戦略立案から問題解決まで

SWOT分析は、以下のような様々な場面で活用できます。

事業戦略の策定
新規事業立ち上げ、既存事業の拡大

マーケティング戦略の策定
ターゲティング、ポジショニング

問題解決
売上低迷、顧客離れ

個人キャリアプラン
転職、スキルアップ

チームビルディング
チームの強み・弱みを把握し、目標達成

SWOT分析のメリット

SWOT分析には、以下のメリットがあります。

客観的な視点
自社の状況を客観的に把握できる。

多角的な視点
様々な視点から戦略を検討できる。

問題解決
課題を明確化し、解決策を導出する。

戦略立案
効果的な戦略を策定できる。

意思決定
適切な意思決定が可能になる。

 

SWOTテンプレート

エクセル版

エクセル版のSWOT分析テンプレートです。一般的なSWOT分析をエクセルの表で表現しています。

エクセル版SWOT分析テンプレート

 

パワーポイント版

パワーポイント版のSWOTテンプレートでは、パワーポイントの表で内部要因、外部要因に対する強みと弱み、機会と脅威を整理して分析します。

SWOT分析テンプレート パワーポイント版

基本的なSWOT分析のやり方

SWOT分析をする際には、目的を明確にする必要があります。実際にSWOT分析をして何を達成するのか決めておかないと、単に外部要因と自社の特徴を分析しただけになっていまいます。

内部要因は自分たちの努力で改善することが可能な要因であり、外部要因は改善することができないのでどう対応するか戦略が必要になることがわかります。

Strength(強み)

自社の強みを整理します。強みとしては、資金力、技術力、営業力、組織力、販売や技術のネットワーク、業界のポジションなど競合他社と比較して優位性を挙げていきます。

注意点としては、最終的な目的を達成するための強みであることです。

Weakness(弱み)

Weakness(弱み)とは、目標達成のために重要な要素であるのに、競合他社よりも劣っている部分です。「弱み」を分析することで改善して目標達成の可能性を上げるのか、「強み」を伸ばして「弱み」をカバーするのか戦略を立てる必要が出てきます。

Opportunity(機会)

目標達成に有利になるような外部要因があるかどうかを検討します。他社より有利な状況であれば、それを活用する方法、有意差が少なければ有利な点がないか洗い出してみます。

Threat(脅威)

Threat(脅威)は、Opportunityの反対で外部要因によって問題となりうる要素のことです。外部の脅威を洗い出すことで、「脅威」を回避できるか、弱めることができるかを検討します。

まとめ

SWOT分析は、戦略立案のためのフレームワークとして有名です。

名前はよく耳にしますが、実際に何のために分析するのかがわかりにくい手法なので、SWOTテンプレートをもとにSWOT分析のやり方を学んでください。

参考記事:
パワーポイントテンプレート

Twitterでフォローしよう