この記事では、株主名簿のひな形や書き方、運用方法など株主名簿に関する情報を紹介します。

株主名簿のひな形

株主名簿のひな形をA4用紙縦版とA4用紙横版の2種類を紹介します。また、下部の会社名や代表者名を記載する欄の有無で2通りのひな形があります。

A4用紙縦 会社名なし

株主名簿テンプレート A4縦01

A4用紙縦 会社名あり

株主名簿テンプレート A4縦02

A4用紙横 会社名なし

株主名簿テンプレート03 A4用紙横

A4用紙横 会社名あり

株主名簿テンプレート04 A4用紙横

株主名簿とは

株主名簿とは、株式会社が自社の株式を有する個人や団体を把握するために、株主の情報を記載しておく帳簿のことです。

株式会社であれば、株主名簿の作成は義務であり、記載内容も会社法(第121条)にて氏名または名称、住所、株数、取得日などを記録しなければならないと規定されています。

会社法 第121条 株主名簿

株主名簿の書き方

株主名簿は定められた様式などはありませんが、記載する内容については会社法にて定められています。以下の記載が必要な内容を一覧表にしていつでも閲覧できるように保管しておきます。

氏名もしくは名称

株式の所有者が個人の場合は、株主の氏名、法人や団体の場合は名称を記載します。

住所

所有者の住所を記載します。

株数

株主の有する株数です。種類株式発行会社の場合は、株式の種類ごとに数を記載します。

株式の種類

種類株式発行会社の場合は、株式の種類を記載します。

取得日

株主が株式を取得した日です。

株券の番号

株券を発行している場合は、株券の番号を記載します。

これらの記載事項は、不要な部分は省略して構いません。例えば株式の種類や株券の番号は、不要な会社も多いでしょう。

株主名簿の運用

株主名簿は、作成したら会社の本店または株主名簿管理人の営業所にて保管することが義務付けられています。

株主や債権者から請求があった場合は閲覧や謄写を許可しなければならないため、株主や株数など記載事項に変更があった場合は直ちに内容を変更し管理しなければなりません。

なお、株主名簿の変更方法は定款にて定められていることがほとんどです。

まとめ

株主名簿は、株式会社の株主の氏名や住所、株数などを一覧にしていつでも見れるようにした文書です。

株式会社を設立したときに、作成が必要になるので株主や株主の住所などの記載内容が変更になった場合には、適切に変更、管理します。

株主名簿には、特に決まったフォーマットなどはありませんのでテンプレートを参考にして作成してください。

Twitterでフォローしよう