借用書をボールペンで書く

法人や個人で使用できる借用書のテンプレートをエクセル、ワード、PDFそれぞれの形式で無料ダウンロードが可能です。

借用書には取り決めの種類で必須項目が変わってきますが、もし借用書の作成方法がわからない場合は、下記の借用書テンプレートで一番近いものを修正して利用してください。

※借用書はお金の貸し借りの詳細を記した重要な書類です。借用書テンプレートを利用する場合は、念のため内容や文言が自分の契約に合っているか十分に確認してください。

借用書テンプレート

金銭の貸し借りをする場合のテンプレートです。エクセル、ワード、PDFの形式でそれぞれ無料ダウンロードが可能です。項目やレイアウト自体はどれも同じなので使い慣れたファイル形式で利用してください。

個人間(金銭) 無利子(利息なし) 分割返済

借用書テンプレート01

借用書テンプレート01(個人間、無利子、分割返済)
個人間で金銭を借用できる書類で、利息なし、分割返済用の文言になっています。サンプルのデータが記入してあるので、消去して使用してください。

個人間(金銭) 利息あり 一括返済

借用書テンプレート02

借用書テンプレート02(個人間、利息あり、一括返済)
個人間で金銭を借用できる書類です。利息ありで一括返済用の文言になっています。

個人間(金銭) 利息なし 一括返済

借用書テンプレート06

借用書テンプレート06(個人間、利息なし、一括返済)
個人間で金銭を借用できる書類です。利息なしで一括返済する文言になっています。

個人間(金銭) 利息あり 遅延損害金あり

借用書テンプレート03 個人間

借用書テンプレート03(個人間、利息あり)
個人間で金銭を借用できる書類で、利息あり・遅延損害金ありの文言になっています。返済方法は空欄なので、自分で設定してください。

個人間(金銭) 連帯保証人あり

借用書テンプレート04 個人間

借用書テンプレート04(個人間、利息あり)
個人間で金銭を借用できる書類で、利息あり・遅延損害金ありです。下部の署名欄には、本人と連帯保証人の住所、氏名、押印をする項目が設定されています。

家族間(親子)

家族の間であっても借用書を作ることは必要です。家族だからといって借用書をつくらないと大きなトラブルに発展することもあります。

また、税務署から「贈与」とみなされることもあります。家族間であっても年間110万円以上の金銭の移動は贈与税がかかりますので、きちんと借用書をつくっておくと安心です。

家族間であっても借用書の書式は、個人間のテンプレートと同じです。特に返済期日や利息、返済の方法を記述したおかないと贈与ととられることがあるので年5%程度でも利息をつけておくことが望ましいです。

借用書テンプレート05 個人間

借用書テンプレート05(家族間)
個人間と特に変わりはありませんが、利息、返済期限、返済方法を決めて家族間でも使用できる形式になっています。

法人(会社)用

会社と個人でやりとりする借用書のテンプレートです。個人間のテンプレートと大きな違いはありませんが、借りる宛先が法人名(代表者名)になっています。

また収入印紙を貼付する欄がありますが、1万円未満の場合は必要ありません。

借用書テンプレート ビジネス法人用

借用書テンプレート (法人・会社用)
法人・会社から借金をする場合の借用書テンプレートです。個人間での借用書と大きく違いはありませんが、あて先が会社名、代表取締役となっているところが異なります。

物品

物品の借用書では、金銭の借用書と記入する項目が変わってきます。使用期間(返却日)、物品名、使用目的などが必要です。特に他の条件がある場合はそれも明記しておきます。

借用書テンプレート01 物品用

借用書テンプレート (物品用)
物品を借用するために項目が金銭用とは異なっています。借用期限や物品名、使用目的などの記入欄があります。
借用書テンプレート02 物品用

借用書テンプレート (物品用)
物品を借用するためのテンプレートで、設定されている項目が金銭用とは異なっています。個人間での物品の借用をするためのフォーマットです。署名欄が下部にあるタイプです。

まとめ

借用書のテンプレートは、エクセルでもワードでも使いやすいソフトを使用して作成してください。

PDF版の場合は、通常は編集できませんのでAdobeのAcrobatを使うか、印刷して手書きで借用書を作成します。借用書は、手書きでも要件を満たしていれば効力があります。

Twitterでフォローしよう