申立書の書き方やテンプレート アイキャッチ

申立書は、あまり一般的な書類ではありませんが、保育園への入園、裁判での必要書類、ハローワークでの退職理由の変更といった生活の一部の場面で必要になることがあります。

多くの場合は、書き方の例やフォーマットを提示してくれることが多いですが、中には自作しなければならないこともあります。

そこで、今回は汎用的な申立書のテンプレートや書き方、最低限必要な項目などを紹介します。

申立書とは

申立書(もうしたてしょ)は、自分の意見を強く主張する場合に使用されます。

このケースでは、裁判所に提出する書類や保育園への入園の書類などに必要になる場合があります。

また、すでに申請済みの内容に変更がある場合に、変更する内容や理由を提出する場合にも使われます。変更の申立書は、ハローワークでの離職理由を会社都合に変更したい場合などに求められます。

申立書のフォーマット

申立書の書式やフォーマットは、提出する内容によって変わります。通常は、提出を求める先がフォーマットを用意しており、申請用紙をもらったり、ネットでダウンロードできるようになっている場合が多いです。

特に役所や裁判所に提出するための申立書は、裁判所や各自治体のホームページで配布しています。

 
裁判所での申立書のダウンロード方法

申立書の書き方

申立書は、決まったフォーマットがないため、通常は各市役所や該当の組織のホームページで提出用の申立書のフォーマットがダウンロードできるようになっています。

その際に、書き方の例も掲載されているのでその通りに記入すれば大丈夫です。

フォーマットやテンプレートが用意されていない場合は、最低限以下の項目を申立書に記載します。

・申立人の住所
・申立人の氏名
・申立の日付
・申立の内容

申立人の住所

個人の場合は、申立を行う人の住所を書きます。会社に提出する場合は住所ではなく所属を書けばいいでしょう。

申立人の氏名

申立を行い人の氏名です。氏名の最後に押印が必要です。

申立の日付

申立を行う日付を記入します。文書の作成日ではなく提出日なので注意してください。

申立の内容

どのようなことを申立するのかといった内容を記載します。内容は長くなりすぎずに、事実を正確かつ簡潔に書くことが求められます。また、あまりに短すぎても申立の状況が伝わらないので、ある程度は状況を説明する必要があります。

申立書のテンプレート(word)

申立書のテンプレートを無料でダウンロードできます。ワード版とPDF版があるので、テンプレートを修正したい場合はワード版を手書きで記入したい場合は、PDF版を使用するといいでしょう。

汎用的な申立書のテンプレート

自作での申立書を求められたときに、最低限の内容を記載したテンプレートです。住所や氏名、申立ての内容を記載します。必要であれば、テンプレートを修正して不足箇所を作成してもいいでしょう。

令和  年  月  日
住所:
氏名:
申 立 書

私は、
を申立いたします。

以上

 

扶養事実申立書

結婚や養子縁組などで扶養家族が増える場合の「扶養事実申立書」のサンプルテンプレートです。会社に提出する想定なので、所属と氏名を記載するようになっています。

 

扶養事実申立書

 
下記のとおり扶養していることを申立いたします。

被扶養者
住所
氏名
年齢
続柄
扶養する理由

以上

 

まとめ

申立書の読み方は「もうしたてしょ」で、裁判や保育園の入園、ハローワークなどさまざまな場面で必要になることがあります。

通常は、様式が決まっているのでフォーマットの用紙がもらえたり、役所などのホームページ上でダウンロードできます。申立書の提出を求められた場合は、まずは専用の様式があるかどうか確認しましょう。

様式が決まっていない場合は、テンプレートを利用して必要な申立書に改変してください。

Twitterでフォローしよう