議事録のフォーマットと作り方 | 無料エクセルテンプレートがダウンロード可能

社内でも社外でも会議の時でも必要な議事録のエクセルテンプレートが無料でダウンロードできます。

白黒のシンプルなものから、少しおしゃれなものまで自分の会社の規定やプロジェクトのフォーマットに合わせて利用できます。

議事録のテンプレートは、基本的な項目が決まっているのでレイアウトは大きく変わりません。好みのレイアウトを自社の業務に合わせて改変していくのがいいでしょう。

議事録のフォーマットと作り方

議事録の目的は、会議で決まったことを記録することで、

会議に出席した人たちの認識を合わせること
会議に出席しなかった人にも内容を伝える
会議での決定事項を後で参照できるようにする

といった理由でかなり重要な書類です。

議事録のフォーマットは正式に決まっているわけではありません。その会社で必要な項目、フォーマットで作成すればいいのですが、ある程度は議事録によく使われる項目というのは決まっています。

議事録に記載する項目

主に使われる議事録の項目は以下のものです。
全部が必要ではありませんが、記述しておいた方が良い項目を選んで議事録を作ります。

タイトル
議事録作成日付
議事録作成者 部署+氏名
概要
日時
場所
出席者
議題
内容
決定事項
ToDo
備考
添付資料
次回予定
次回予定日時
次回予定内容
承認欄

項目の説明とフォーマット

議事録に記載されることが多い項目について説明します。

議事録作成日付

議事録を作成した日付です。
会議日と同じとは限りませんがなるべく早めに作るのが望ましい。

議事録作成者 部署+氏名

この議事録を作成した人の部署名と氏名。

概要

どのような会議かという会議の内容の概略を記入する。

日時

会議を行った日付。必要があれば時間も記入する。

場所

会議を行った場所。

出席者

会議に出席した人の氏名を列挙する。
人数が多そうなら、多めに枠を取る。

議題

会議で話し合われる内容。
1つのことも複数のこともあるので、複数の場合は列挙する。

内容

会議で話し合われた内容を記述する。
長々と文章で記述するよりも、簡潔に箇条書きにした方が後で見やすい。
決定事項を別の欄に記述する場合は、内容だけで決定事項は書かない。

決定事項

最終的に、会議で達した結論をまとめる。
意外にも結論が出ないということもあるので、決まったこと決まらなかったことも書いておくと後で見返したとき便利。

ToDo

会議の結果を受けて、誰が何をいつまでにやるのかを記述する。

備考

内容や決定事項などに記入しなかった項目をここに書いておく。
なくてもよいが、あとから書き足したいこともあるので合った方が便利。

添付資料

会議に提出された資料があれば記述しておく。

次回予定日時

次回に会議が開催されることが決まっている場合は日時を記入。

次回予定内容

次回の会議の内容がわかっている場合は記入。

承認欄

上長に議事録の内容を承認してもらう場合の承認欄。

議事録の無料エクセルテンプレート

テンプレートの使い方

・サンプル画像をクリックすると、大きな画像を表示できます。
・ファイルのダウンロードは、ダウンロードページで取得してください。
・エクセル形式でダウンロード可能です。
議事録テンプレート エクセル01

シンプル 議事録 縦 エクセル01(押印欄なし)
議事録テンプレート エクセル02

シンプル 議事録 縦 エクセル02(押印欄あり)
議事録テンプレート エクセル03

シンプル 議事録 縦 エクセル03
議事録テンプレート エクセル04

シンプル 議事録 縦 エクセル04
議事録テンプレート エクセル05

議事録テンプレート 縦 エクセル05
議事録テンプレート エクセル06

議事録テンプレート 縦 エクセル06

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事