営業日報の書き方やテンプレート アイキャッチ

営業日報は、社外に出て業務を行う営業職の人がどのように業務を行っていたかを報告する書類です。

「営業日報は意味がない」「無駄に時間がかかる」などいわれがちな営業日報ですが、どのように営業を行った課題や、もっと成績を伸ばすため資料と考えれば営業日報はできるだけ付けた方がいいということになります。

今回は、営業日報の書き方や書く時のコツ、書式がわかるエクセルテンプレートなどを紹介します。テンプレートを活用して効率よく営業日報を書いてください。

営業日報とは

営業日報は、営業職の社員がその日1日の業務内容を記録した書類です。営業日報を上司に提出することで、その日何をしたのか成果はどうだったのかを報告したり、チームメンバーへ共有、自身の毎日の営業記録になります。

営業日報の目的

営業日報の目的は、進捗の確認と課題の共有です。

営業社員が、営業の進捗を報告し、課題を報告することで、今後どのように営業の方針を立てるかの参考になります。また、成果を上げているメンバーのやり方を共有することで、部全体での営業成績を伸ばすことにもつながります。

営業日報を書くコツ

営業日報は1日の終わりに書くと、1日の仕事終わりで疲労している上にどのような行動をしたのか思い出さなければならず適当に報告書を仕上げてしまいがちです。

毎日の営業日報を効率よく書くためには、訪問が終わったタイミングで随時メモを残しておくことです。

打ち合わせや商談などの営業活動が終わった段階では、記憶も明瞭ですし頭をひねって思い出さなくともスムーズに内容を書いておくことができます。

1日の最後に営業日報を決まったフォーマットで書き上げますが、随時メモをしておいたものを見ることであまり考えずに書き写すだけで日報が完成します。

売上のあがる営業日報のポイント

売上を上げる営業日報を書くには、単なる報告だけではなく次の営業活動に活かす日報を書くことです。

営業日報を「上司に報告しなければならないから...」という目的で書いていれば、単なる営業の記録なので過去の反省や営業力の向上には役に立ちません。次に活かすための営業日報は、今日行った行動を反省し改善案を考えるといいでしょう。

スポーツでも、試合に勝っても負けても「良かったプレー」「悪かったプレー」「課題や方針」を1試合ごとにやるのが普通です。営業活動でも、商談のときに「良かった反応」「響かなかった反応」「時間配分」「資料の良し悪し」など反省すべき点が一つもないということはないはずです。

1つの営業活動で課題と改善点を常に考えるということを意識すると、営業日報を書くのは簡単です。「営業日報って何書けばいいんだろう」と悩む必要がなくなるので日報を書く辛さ、営業成績の向上に各段に役に立ちます。

営業日報テンプレート

営業日報のエクセルテンプレートを4種類紹介します。営業日報は、取り扱っている商品や対象者(企業か個人か)などで構成や書き方が変わってきます。ここで紹介しているテンプレートは、パターンや構成の違うタイプがあるので、自分の営業日報に近いものを選んで参考にしてみてください。

営業日報テンプレート エクセルA4縦01

営業日報テンプレート エクセルA4縦01
営業日報テンプレート エクセルA4縦02

営業日報テンプレート エクセルA4縦02
営業日報テンプレート エクセルA4縦03

営業日報テンプレート エクセルA4縦03
営業日報テンプレート エクセルA4縦04

営業日報テンプレート エクセルA4縦04

まとめ

営業日報は、とにかく書けばいいという意識で惰性で作成しているという人もいるでしょう。しかし、本来は、日報を書くことで良い営業方法の共有したり、トラブルや問題があったとき別のメンバーが同じことしないように注意の役割も果たします。

営業日報を丁寧に書くことで、自身の営業方法を振り返ってもっと効率のよい営業方法がみつかることもあります。そのため、営業報告書の良いフォーマットを見つけて、自分とチームが使いやすい書式をつくりましょう。

Twitterでフォローしよう