始末書 始末書は手書き

会社のパソコンを壊した場合の始末書

打ち合わせのために取引先に移動中に会社のパソコン 壊してしまった場合の始末書に書き方やポイントです。テンプレートは、下部からダウンロード可能です。

会社のパソコンを壊した場合は、会社に損害を与えたことのお詫びを述べるとともに、今後の対策などを記載します。

書き方と注意点

会社のパソコンを壊した場合の始末書の書き方は、以下のポイントに注意してください。

事故の詳細記述

いつどこで、どのような状況下でパソコンが壊れたかを具体的に記述します。この部分では、事故の日時、場所、事故発生時の状況など、事故の全体像を明らかにすることが重要です。

原因の分析

事故の原因を自己分析し、なぜそのような事態が起きたのかを深く掘り下げます。例えば、不注意、操作ミス、設備の問題など、具体的な原因を誠実に説明します。

影響の認識

壊れたパソコンによる業務の遅延や追加コスト、同僚や部門への影響など、事故が及ぼした全体的な影響を評価し、その影響を認めます。

反省と謝罪

誤りを認め、問題の重大性を理解していることを示し、関係者への謝罪を表明します。ここでは、自身の責任を認め、誠実に反省する態度が重要です。

再発防止策

同様の事故を防ぐための具体的な対策を提案します。例えば、機器の取り扱いに関するトレーニングや、作業環境の改善など、具体的な改善策を明記します。

始末書テンプレート

ノートパソコンの破損による始末書テンプレート
ファイル名 explanation08.docx
ファイルタイプ ワード
作成バージョン word2013
ファイルサイズ 16.62 KB
データ利用規約
・無料でご利用できますが著作権は放棄しておりません。
・当サイトのコンテンツを無断で複製・転載・転用することを禁止します。
・当サイトのデータの利用は、お客様ご自身の責任において行われるものとします。
・当サイトから入手されたデータにより発生したいかなる損害についても、一切責任を負いません。
・テンプレートのご利用によるトラブルの対応やサポートはしておりません。

関連するテンプレート

Twitterでフォローしよう