この記事では、退会届テンプレートを無料でダウンロードできます。

また退会届に書き方や退会理由の例なども紹介します。

退会届テンプレート

以下より退会届テンプレートを無料ダウンロードできます。会社や町内会などの団体といった一般的でシンプルな退会届と、小学校のPTAを退会するテンプレートです。

汎用の退会届

退職届のワードテンプレートです。一般的な退職届のフォーマットなので、テンプレートを修正することで法人用、自治会用などいろいろな用途に利用できます。

その際には、宛先は、「会長殿」となっているので、個人名ではなく退会先の協会宛なら「○○会 御中」としてください。

PTA退会届

PTA退職届のワードテンプレートです。一般的なPTA退職届のフォーマットなので、宛先名や項目を変更することで小学校や中学校どこでも使用できます。

子どもの名称が小学生の場合は、「児童」、中学生の場合は「生徒」なので中学生の場合は、「在籍児童」を「在籍生徒」に変えた方がいいでしょう。

退会届の書き方

退会届の書き方は、退会届がその団体や組織で規定のフォーマットがある場合は、その用紙や書き方の例に沿って書いて提出します。

退会届の用紙やフォーマットがないが、退会届や退会願を求められた場合は、自分で退会届を作成します。

退会届を作成する場合に必要な項目は以下の通りです。

  • 提出日
  • 退会届を提出する日を明記します。提出日は、退会日と同じではありません。(同じ場合もあります。)いつ提出したかを記録するためにも必ず記入してください。

  • 件名(タイトル)
  • 件名は、単純に「退会届」もしくは「団体名など+退会届」とします。

  • 宛先
  • 退会届を出す相手先の名前を敬称とともに記載します。相手が法人や団体、サービス名の場合は「御中」を、個人や法人や団体の担当者や代表者の場合は「様」や「殿」を使います。

  • 自分の名前と連絡先
  • 退会をする人の氏名、住所、連絡先(電話番号など)を記入します。住所や連絡先は、同姓同名の別人との間違いを避けたり、後日なにかあった場合に連絡する手段として必要なので漏れなく書いておきましょう。

  • 退会日or退会希望日
  • 退会する日、退会を希望する日を記載します。退会日は自分だけで決められないこともあるので、相手に相談後に記入する方が確実です。

  • 退会の理由
  • 通常は、退会するための理由を詳しく書かずに「一身上の都合」などにしてしまって構いません。今後の関係上や理由を求められている場合は、簡単に理由を入れてもいいでしょう。
    理由を書く場合は、あまり相手が不快になる表現は避けて、感謝の言葉を添えたりすると今後のお互いに気持ちよく退会できるでしょう。

  • その他
  • 退会届の氏名の横に押印もしくは、氏名を手書きでサインします。
    退会届の下部にサインを書く欄を設けてもいいでしょう。

退会届の例文

退会届の例文は、単純に退会したい旨を伝えればいいでしょう。例えば、

この度、〇〇〇〇を退会いたしたく下記のとおりお届けいたします。

また、個人情報を削除してほしい場合は、以下のようにします。

私は、この度、一身上の都合により〇〇〇〇を退会いたしたくここにお届けいたします。つきましては、名簿から個人情報を削除いただくようお願い申し上げます。

退会の理由は曖昧でOK

退会届に書く退会の理由は、通常は「一身上の都合」などとして本当の退会の理由を具体的に書く必要はありません。

退会の理由が、どうしても必要な場合は今後に遺恨を残さないよう、できるだけ当たり障りのない理由にするといいでしょう。

ただし、嘘を書くとそれがばれた時に無用なトラブルになることがあるので気を付けましょう。

Twitterでフォローしよう