通知書の文例テンプレート



社員が退職して担当者を変更する場合の通知状です。

どんな理由で辞めたとしても、通常は「一身上の都合」として深くは退職理由を書かないようにします。

担当者が決まっている場合は、担当者名を書いて後程挨拶に伺うとしてもいいでしょう。

あくまでも、とりあえず書面で後程、実際に訪問に伺うという姿勢をあらわします。

〇〇年〇月〇日

□□□□株式会社
□□部 □□様

○○○○株式会社
○○○○部 ○○ ○○
社員退職のご通知

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、貴社担当の○○〇〇は、このたび〇月〇日付をもちまして当人の一身上の都合により退社いたしましたのでお知らせいたします。在職中におきましてはひとかたならぬご支援を賜り、深く感謝いたします。

 なお、後任の担当者が近日中にご挨拶に参上いたします。前任者同様に、格別のお引き立てをくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 まずは、取り急ぎ書中にてご挨拶申し上げます。

敬具
社員退職の通知文例テンプレート01




社員退職の通知文例テンプレート

ファイル名retirement01.docx
ファイルタイプワード
作成バージョンword2013
ファイルサイズ19.21 KB
データ利用規約
・無料でご利用できますが著作権は放棄しておりません。
・当サイトのコンテンツを無断で複製・転載・転用することを禁止します。
・当サイトのデータの利用は、お客様ご自身の責任において行われるものとします。
・当サイトから入手されたデータにより発生したいかなる損害についても、一切責任を負いません。
・テンプレートのご利用によるトラブルの対応やサポートはしておりません。




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事