システム開発では会社に定められたドキュメントのフォーマットがない場合、独自に作成する必要があります。これにより、仕様書や設計書の作成にかかる時間はかなり増加します。

SEを目指す方々も、求めるシステム開発用テンプレートを簡単には見つけられません。

そのため、エクセルでの仕様書や設計書のテンプレートやサンプルを無料でダウンロード可能にしました。システム開発の際の参考としてご利用ください。

仕様書・設計書のテンプレート

システム開発のドキュメントのうち、要件定義書、基本設計書、詳細設計書、テスト仕様書・報告書のテンプレートがダウンロード可能です。

それぞれのテンプレートは、すべて日本語ファイル名のエクセルファイルなのでzipで圧縮してあります。

要件定義書

要件定義書のエクセルテンプレートです。表紙、更新履歴、目次、内容の4つのシートがファイルに含まれています。見栄えの確認のため目次と内容の項目欄にはサンプルのデータが入っていますので削除してお使いください。

要件定義書 表紙 要件定義書 更新履歴 要件定義書 目次 要件定義書 内容

基本設計書

基本設計書は、テンプレートの種類が多い文書です。詳細設計を作らない小規模なプロジェクトでも基本設計書は作る場合が多いです。テンプレートの解説のため、テンプレート別にわけてありますが、それぞれのファイルを基本設計書としてzipで1つにまとめています。

基本設計書テンプレートに含まれているファイル
名称 説明
システム構成図 システムの全体の構成を図にします。
業務フロー図 業務の流れを図で示します。
テーブル定義書 DBのテーブルの定義
機能一覧 システムの機能を一覧にした表
画面一覧 システムで使用される画面の一覧
画面遷移図 画面上の動きを図にしたもの
帳票一覧 出力される帳票の一覧
帳票レイアウト(縦) 縦形式の帳票のレイアウト
帳票レイアウト(横) 横形式の帳票レイアウト

詳細設計書

詳細設計は、機能の内部的な設計を行うドキュメントのため表紙、更新履歴、フレームのテンプレートを用意しました。プロジェクトによっては、画面レイアウトや帳票レイアウトを詳細設計に含める場合もあるのでプロジェクトの規則に従ってください。

詳細設計書 表紙 詳細設計書 更新履歴 詳細設計書 フレーム

テスト仕様書

テスト仕様書は、一番プロジェクトで特徴がでる文書ですがテンプレートとして一般的なテスト項目と検証内容から実施日と結果だけを一覧で報告する形式を紹介します。

エビデンスや再現方法などの詳細用のテンプレートは別に必要かもしれません。ダウンロードできるファイルはzipの中に単体テスト、結合テスト、総合テスト用のエクセルファイルがまとめられています。この3つのファイルはタイトル以外は同じです。

テスト仕様書テンプレートに含まれているファイル
名称 説明
単体テスト用のテンプレートファイル 単体テスト 単体テスト用のテンプレートファイル
結合テスト用のテンプレートファイル 結合テスト 結合テスト用のテンプレートファイル
総合テスト用のテンプレートファイル 総合テスト 総合テスト用のテンプレートファイル

システム開発の初期に必要なテンプレート

システム開発のプロジェクトを開始する前に作成しておきたい文書のテンプレートです。プロジェクトの規模や進め方によっては不要なものもあるのでプロジェクトに合わせて使用してください。

体制図

プロジェクトを始める前に、どのような人員構成で体制がどうなっているかを図にしておくと、後から参加した人にもわかりやすく説明することができます。担当を明確にするという意味でも作成しておいた方がいいでしょう。

システム開発の体制図1 システム開発の体制図2 システム開発の体制図3

議事録

システム開発は、要件定義や最初に行うヒアリングですべてが完成するということはまずありません。開発中に何度も打ち合わせをする必要があるので、決定事項を記録したり、後から証拠を残すという意味でも議事録は大切です。議事録は会議の内容を記録すれば足りるのですが、日付、出席者、内容など記録すべき項目が最初からわかっているテンプレートを利用すると便利です。

議事録テンプレート1 議事録テンプレート2 議事録テンプレート3

スケジュール管理・タスク管理用

システム開発の設計を始める前に必要なのが、いつまでに何を完成させるかというスケジュールを決めることです。

設計の段階で正しく進むスケジュールを組むことは非常に難しいですが、業務を細分化しておおまかな工期を設定することは意味があります。

WBS

WBSは、システム開発で必要な業務を細分化することです。WBSにバーチャートでのスケジュールの機能を追加したものが下記のガントチャートです。プロジェクトを開始する前に全体像と工数を把握するために作成しておくと今後の作業がはかどります。

ガントチャート

ガントチャートはプロジェクトのスケジュールや進捗を管理するために使われます。特に納期が厳しいプロジェクトでは、ガントチャートで進行を把握しておかないと直前になって徹夜や休出を繰り返すという悲惨なことになってしまいます。ガントチャートはWBSにスケジュール表を組み込んだものです。特にWBSを顧客に提出する必要がなければ、ガントチャートだけを使用してもいいでしょう。

コミュニケーションツール

システム開発を進めているときに必要になる管理表のテンプレートです。エクセルができる方ならすぐに作成できますが、ある程度どんな項目が必要かわかるテンプレートを活用した方が効率的に作成することができます。

Q&Aシート

システムを発注する顧客に使用の確認をする場合、質問と回答を管理するシートです。Q&Aシートをつくる意義としては、同じ質問を何度も繰り返さない、メンバーに質問を共有できる、過去にした質問がメールでは埋もれてしまうといった問題を解決することができます。

課題管理表

Q&Aシートが、顧客との間のやりとりだとすると、課題管理表はプロジェクトメンバー内で問題の提起と完了を報告するための管理表です。課題管理はクラウド型のツールを使うことが多いですが、小規模なシステム開発ではエクセルでの管理が手軽です。

まとめ

今回は、システム開発において必要な各種ドキュメントのテンプレートを紹介しました。要件定義書、基本設計書、詳細設計書、テスト仕様書などのテンプレートが無料でダウンロード可能です。

これらのテンプレートはエクセルファイルで提供され、プロジェクトの規模やニーズに応じてカスタマイズが可能です。さらに、プロジェクトの初期段階で必要な体制図、議事録、スケジュール管理・タスク管理用のWBSとガントチャート、コミュニケーションツールなどもあるので、仕様書作成の参考にしてください。

Twitterでフォローしよう