7月(文月:ふみづき)は、梅雨が明けて暑い夏に向かっていく時期です。7月7日~7月22日ごろの「小暑」、7月23日~8月7日ごろの「大暑」の間を暑中といい。この期間内に暑中見舞い(伺い)を出します。

 

 

7月の時候のあいさつ(ビジネス)

全般

  • 仲夏(ちゅうか)の候
  • 盛夏(せいか)の候
  • 猛暑(もうしょ)の候

上旬

  • 七夕(たなばた)の候
  • 小暑(しょうしょ)の候

中旬

  • 小暑(しょうしょ)の候

下旬

  • 猛暑(もうしょ)の候
  • 酷暑(こくしょ)の候
  • 大暑(たいしょ)の候
  • (7月23日頃 以降)

例文

  • 仲夏の候、貴社におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 小暑の候、皆様いよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 猛暑の候、皆様にはご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 

7月の時候の挨拶(カジュアル)

口語調での挨拶は、カジュアルなため友人や親しいかたには向いています。
例文をそのまま写すのではなく、相手の環境や季節感を考慮したものにしましょう。

  • 梅雨明けもまもなくとなり、
  • 風が日ごとに夏めいてまいりました。
  • 梅雨明けの暑さひとしおに感じられる毎日ですが、
  • 例年になく早く夏が訪れましたが、
  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • 暑さもひとしおに感じられるころとなりましたが、
  • お子様方も夏休みに入り、にぎやかな毎日をお過ごしのことと存じます。

例文

  • 梅雨明けの暑さひとしおに感じられる毎日ですが、皆さまお変わりございませんでしょうか。
  • 暑さもひとしおに感じられるころとなりましたが、なにかとお忙しい日々をお過ごしでしょうか。
  • 風が日ごとに夏めいてまいりましたが、皆さまにはご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

7月の挨拶の注意点

7月は、梅雨が明けて本格的な夏にさしかかる時期です。暑さも本番になる一方で、お祭りや夏休みなど楽しみなイベントも多いため、涼を感じる文面などが喜ばれます。

7月のイベント

  • 海開き
  • 七夕
  • 梅雨明け
  • 夏休み
  • お祭り

 

7月の結びのあいさつ

7月に使われることが多い結びのあいさつを紹介します。7月は、暑い日が続き夏風邪をひく人も多いため、体調を気づかう結びのあいさつなどがよく使われます。

  • 暑い毎日がつづきますが、くれぐれもご自愛ください。
  • 夏かぜなどお召しになりませぬように。
  • ご家族そろってのお盆休みの帰省を、心より楽しみにしております。

 

その他の時候の挨拶

1月の時候の挨拶
2月の時候の挨拶
3月の時候の挨拶
4月の時候の挨拶
5月の時候の挨拶
6月の時候の挨拶
8月の時候の挨拶
9月の時候の挨拶
10月の時候の挨拶
11月の時候の挨拶
12月の時候の挨拶

Twitterでフォローしよう