6月(水無月:みなづき)は、木々の緑も濃くなり、日増しに夏らしくなっていく季節です。一方、梅雨でじめっとした天気が続き、憂鬱な気分になりがちなので、楽しい雰囲気の手紙が喜ばれます。

 

 

6月の時候のあいさつ(ビジネス)

全般

  • 向暑(こうしょ)の候
  • 深緑(しんりょく)の候
  • 梅雨(つゆ)の候

上旬

  • 初夏(しょか)の候
  • 入梅(にゅうばい)の候

中旬

  • 長雨(ながあめ)の候
  • 黄梅(おうばい)の候

下旬

  • 夏至(げし)の候
  • 向夏(こうか)の候

例文

  • 新緑の候、貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
  • 初夏の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
  • 向暑の候、皆様にはご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 

6月の時候の挨拶(カジュアル)

プライベートの親しい方への挨拶には、口語調のカジュアルなものが好まれます。
例文を参考にしながら、相手の環境や季節感があったものにしてください。

  • 梅雨入りも間近となりました。
  • 衣替えの季節となり、
  • 木々の緑も色濃くなりましたが
  • 黄梅の季節になりました。
  • 雨に濡れる緑が、色鮮やかに目にうつるようになりました。
  • 梅雨明けもまもなくとなりました。

例文

  • 梅雨入りも間近となりました。皆さまお変わりございませんでしょうか。
  • 衣替えの季節となり、街には夏服が目に付くようになりました。
  • 梅雨明けもまもなくとなり、夏間近を感じるようなりました。

 

6月の挨拶の注意点

6月は、梅雨が始まり雨の多い季節になり、あじさいがキレイに咲き始めます。中旬から下旬にかけては、初夏の陽気もあいまって夏の日差しも感じられるようになります。

6月のイベント

  • 衣がえ
  • 梅雨
  • 初夏
  • 父の日

 

6月の結びのあいさつ

6月に使われることが多い結びのあいさつを紹介します。6月は、梅雨でじめっとした気候に気分も落ち込みがちですが、なるべくさわやかな気分になれるような挨拶にするといいでしょう。

  • 蒸し暑い毎日がつづきますが、くれぐれもご自愛ください。
  • もうすぐ梅雨も明けることでしょう。体調を崩しませんよう御身おいといください。
  • 梅雨明けもまもなくとのこと、すてきな夏をお迎えくださいますように。

 

その他の時候の挨拶

1月の時候の挨拶
2月の時候の挨拶
3月の時候の挨拶
4月の時候の挨拶
5月の時候の挨拶
7月の時候の挨拶
8月の時候の挨拶
9月の時候の挨拶
10月の時候の挨拶
11月の時候の挨拶
12月の時候の挨拶

Twitterでフォローしよう