4月(卯月:うづき)で使われる季節の挨拶(時候の挨拶)は、春や桜、入学、入社といった新しい門出に関係する用語がよく使われます。

 

 

4月の時候のあいさつ(ビジネス)

全般

  • 陽春(ようしゅん)の候
  • 春暖(しゅんだん)の候
  • 麗春(れいしゅん)の候
  • 仲春(ちゅうしゅん)の候
  • 春爛漫(はるらんまん)の候

下旬

  • 惜春(せきしゅん)の候
  • 若葉(わかば)の候

相手の桜開花時期

  • 桜花(おうか)の候

例文

  • 陽春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
  • 若葉の候、貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
  • 桜花の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

4月の時候の挨拶(カジュアル)

友人などの親しい方への手紙には、カジュアルな口語調での挨拶文の方が好まれます。
例文を参考にしながら、相手の環境や季節感を考慮したものを選んでください。

  • 花の便りに心躍る季節となりました。
  • 春爛漫の好季節となりましたが、
  • 春の香りが満ちるころとなりましたが、
  • 春の日差しを感じる季節となりましたが、
  • 春の暖かさが感じられる頃となりましたが、
  • うららかな春日和が続いておりますが、
  • 桜花満開の麗しい季節がやってまいりました。
  • 新年度が始まり、ますますご活躍のことと存じます。
  • 若葉の緑がまぶしい季節となりましたが、
  • 桜もいつしか盛りを過ぎましたが、
  • 4月とはいえ初夏の気配が漂う今日この頃、

例文

  • 春の香りが満ちるころとなりましたが、皆さまお変わりございませんでしょうか。
  • うららかな春日和が続いておりますが、なにかとお忙しい日々をお過ごしでしょうか。
  • 新年度が始まり、ますますご活躍のことと存じます。
  • 桜もいつしか盛りを過ぎましたが、皆様にはご清栄にお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 

4月の挨拶の注意点

4月は、いよいよ本格的な春が到来し、桜をはじめさまざまな花の開花を楽しむ時期です。また、入学や入園でお祝いをいただくことも多いと思います。親しい相手には、購入したものを書いてもOKですが、有効に使わせていただきますと濁す書き方もあります。

4月のイベント

  • 入学・入園・入社
  • 桜の開花
  • 春の彼岸
  • お花見
  • 新年度
  • 新生活

 

4月の結びのあいさつ

4月に使われることが多い結びのあいさつを紹介します。4月は、春の到来や新生活など心が躍るようなイベントが多ので、新年度の活躍を祈ったり、体調を気遣う結びの挨拶が良いでしょう。

  • 新天地でのますますのご活躍をお祈りしております。
  • 新年度を迎え、お忙しい毎日と存じますが、ご自愛の上、ますますご活躍ください。
  • 時節柄、体調を崩しませんよう、どうぞご自愛ください。

 

その他の時候の挨拶

1月の時候の挨拶
2月の時候の挨拶
3月の時候の挨拶
5月の時候の挨拶
6月の時候の挨拶
7月の時候の挨拶
8月の時候の挨拶
9月の時候の挨拶
10月の時候の挨拶
11月の時候の挨拶
12月の時候の挨拶

Twitterでフォローしよう