3月(弥生:やよい)で使われる季節の挨拶(時候の挨拶)を紹介します。ビジネスなどフォーマルな文章で使われるものと親しい人宛のカジュアルな挨拶があります。

 

 

3月の時候のあいさつ(ビジネス)

全般

3月上旬

  • 早春(そうしゅん)の候
  • 浅春(せんしゅん)の候

中旬~下旬

  • 春分(しゅんぶん)の候
  • 春暖(しゅんだん)の候
  • 春陽(しゅんよう)の候
  • 春光(しゅんこう)の候
  • 春和(しゅんわ)の候
  • 萌芽(ほうが)の候

下旬

  • 弥生(やよい)の候
  • 麗日(れいじつ)の候
  • 桜花(おうか)の候

例文

  • 早春の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
  • 春暖の候、貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
  • 桜花の候、○○様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

3月の時候の挨拶(カジュアル)

親しい方への手紙には、カジュアルな口語調での挨拶文が喜ばれます。
定型の挨拶をそのまま使用するのではなく、相手の環境や季節感をみながら適切な挨拶文を選んでください。

  • 春光うららかな季節となりましたが、
  • 春風がうれしい知らせを届けてくれました。
  • 春まだ浅い時節ではございますが、
  • 桃の節句も過ぎ、
  • 今年の桜は開花がはやそうですね。
  • 三寒四温と申しますが、
  • 野山に春の息吹を感じるころとなりました。
  • お子様の卒園式も間近となり、

例文

  • 春光うららかな季節となりましたが、皆さまお変わりございませんでしょうか。
  • お子様の卒園式も間近となり、なにかとお忙しい日々をお過ごしでしょうか。
  • 三寒四温と申しますが、例年になくおだやかな気候がつづいております。
  • 桃の節句も過ぎ、春の香りがただよう季節となりました。

 

3月の挨拶の注意点

3月は、転勤や卒業などの人生の節目が訪れることが多い季節です。「赴任先でもご活躍されることを祈っています。」「お子様はいよいよご卒業ですね」など相手や家族の環境について思いやる文言を添えると、親しみのある手紙を書くことができます。

3月のイベント

  • ひなまつり
  • 卒園・卒業
  • 転勤
  • 春分の日
  • 桜餅
  • 春休み

 

3月の結びのあいさつ

3月によく使われる結びのあいさつを紹介します。3月はもうすぐ暖かくなりますが、季節の変わり目でもあるので相手の健康を気遣う内容が好まれます。

  • 新天地でのますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
  • 季節の変わり目ですので、どうぞご自愛ください。
  • 春寒の折、どうぞ御身を大切になさってくださいませ。

その他の時候の挨拶

1月の時候の挨拶
2月の時候の挨拶
4月の時候の挨拶
5月の時候の挨拶
6月の時候の挨拶
7月の時候の挨拶
8月の時候の挨拶
9月の時候の挨拶
10月の時候の挨拶
11月の時候の挨拶
12月の時候の挨拶

Twitterでフォローしよう