2月(如月:きさらぎ)の季節の挨拶(時候の挨拶)を、フォーマルとカジュアルの両方を紹介します。

 

 

2月の時候のあいさつ(ビジネス)

全般

  • 向春(こうしゅん)の候
  • 梅花(ばいか)の候
  • 梅鶯(ばいおう)の候
  • 春寒(しゅんかん)の候
  • 余寒(よかん)の候

2月初旬~中旬

  • 立春(りっしゅん)の候

中旬~3月

  • 春寒(しゅんかん)の候
  • 残寒(ざんかん)の候

下旬

  • 雨水(うすい)の候
  • 残雪(ざんせつ)の候

例文

  • 向春の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 春寒の候、貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
  • 残雪の候、〇〇様におかれましてはますますご健勝にお過ごしのことと存じます。

 

2月の時候の挨拶(カジュアル)

親しい方への手紙には、カジュアルな口語調での挨拶文が喜ばれます。
定型の挨拶をそのままコピペするのではなく、実際の季節感をみながら適切な挨拶文を選んでください。

  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日この頃
  • いくらか寒さも緩み
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春とは名ばかりの風の寒さですが
  • 少しずつ春めいてまいりましたが、
  • 早咲きの梅が香る季節となりました。
  • 風の冷たさの中に、本の少し春を感じます。

例文

  • 暦の上では春となりましたが、皆さまお変わりございませんでしょうか。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、皆様にはお元気でご活躍のことと存じます。
  • 春の陽気が待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、〇〇様にはお元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 

2月の挨拶の注意点

2月は、暦の上では春とされますが、1年で最も寒い時期になります。
「そのため、暦の上では・・・」と書きがちですが、できるだけ前向きな「もうすぐ春」という新しい季節の到来を予感させる方が、
明るい手紙になります。

  • 春の訪れを感じさせる挨拶が好まれる
  • 地域によって寒さが異なるので相手に合わせた表現がよい

 

2月の結びのあいさつ

2月によく使われる結びのあいさつを紹介します。基本的には、手紙を送る相手の健康や幸せを願う内容とします。

  • 余寒厳しき折から、お風邪など召しませぬように。
  • 梅のほころびを心待ちに、まずは書中にて御礼申し上げます。
  • まだまだ寒い日がつづきますが、どうぞ御身を大切になさってください。
  • 御地は雪が消えるまで大変かと存じます。どうか健やかにお過ごしください。

その他の時候の挨拶

1月の時候の挨拶
3月の時候の挨拶
4月の時候の挨拶
5月の時候の挨拶
6月の時候の挨拶
7月の時候の挨拶
8月の時候の挨拶
9月の時候の挨拶
10月の時候の挨拶
11月の時候の挨拶
12月の時候の挨拶

Twitterでフォローしよう