1月(睦月:むつき)に使う時候の挨拶を、ビジネスとプライベートにわけて紹介します。

 

 

1月の時候のあいさつ(ビジネス)

全般

  • 寒冷の候
  • 厳寒の候
  • 厳冬の候

上旬

  • 新春の候
  • 初春の候
  • 七草の候

中旬

  • 小寒の候
  • 寒中の候
  • 晩冬の候

下旬

  • 大寒の候
  • 寒風の候

例文

  • 寒冷の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 新春の候、貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
  • 寒風の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

1月の時候の挨拶(カジュアル)

友人や親しい知人宛には、カジュアルな時候の表現(和語表現)が適しています。

挨拶は、最近の気候や情勢などを考慮します。例年よりもかなり寒いのに「暖かくなってきましたが・・・」などと書くと、ちぐはぐな印象を持たれてしまいます。

上旬

  • 寒中お見舞い申し上げます。
  • 寒い日が続きますが、
  • 松の内も明け、
  • 寒さもゆるみ気持ちのよいお正月を迎えましたが、

上旬・中旬

  • 例年にない厳しい寒さが続いておりますが、
  • 初春とはいえ厳しい寒さが続いておりますが、
  • 初春にふさわしく、のどかな天気がつづいています。
  • 風花の舞う今日この頃、
  • 暦の上では大寒を迎えましたが、
  • ようやく正月気分がぬける頃ですが、

下旬

  • おだやかな天候がつづいております。
  • 春が待ち遠しいころとなりました。
  • 春の訪れが待ち遠しい毎日ですが、

例文

  • 松の内も明け、寒さもゆるんで参りましたが、お変わりございませんでしょうか。
  • 初春とはいえ厳しい寒さが続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。
  • 春の訪れが待ち遠しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

1月の挨拶の注意点

1月はお正月や年始のイベントがあります。気温はまだまだ寒いので、新春ではありますが、寒さはまだまだ残るのが特徴です。

  • 1月半ばまでは新年の挨拶を入れるのが一般的
  • 新春、初春を使うのは1/7まで、遅くとも1/15までが目安
  • 酷寒、酷暑などのマイナスイメージのある漢字は使わない

 

1月の結びのあいさつ

結びのあいさつは、手紙を送る相手の健康や幸せを願って文章の最後に書き記す部分です。
1月によく使われる結びの言葉があるので、適切な言葉を選んで使用してください。

  • 本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。
  • 寒い日が続きますが、くれぐれもお体にはお気を付けください。
  • 寒さ厳しき折から、お風邪などひかぬようご自愛ください。
  • 新しい年が〇〇様にとって実り多き年になりますようお祈りしております。
  • 皆さまの今年一年のご多幸をお祈りいたしております。

その他の時候の挨拶

2月の時候の挨拶
3月の時候の挨拶
4月の時候の挨拶
5月の時候の挨拶
6月の時候の挨拶
7月の時候の挨拶
8月の時候の挨拶
9月の時候の挨拶
10月の時候の挨拶
11月の時候の挨拶
12月の時候の挨拶

Twitterでフォローしよう