時候の挨拶とは

時候の挨拶とは、手紙の冒頭に季節にあわせた表現を書く日本特有の習慣です。最近の文書では時候の挨拶を省略することもありますが、昔から使われている儀礼的な慣習なので社交文書には書くのが一般的です。

時候の挨拶には、「新春の候」「梅雨の候」など、ある程度決まった季節の表現がありますが、地域や、その年の情勢、気候に留意した表現を用います。

挨拶に用いる季節

文書を送る季節によって、大まかな慣用句が決まっています。たとえば、春なら春暖、夏なら盛夏といった表現です。ただし、これらの季節感は旧暦に基づいているため、実際の季節と若干の相違が有ります。

 
時候の挨拶で使う季節と対応する月

  • 春:3~5月
  • 夏:6~8月
  • 秋:9~11月
  • 冬:12~2月

 

季節に関係なく使える表現として「時下」(意味:今この時)があります。「時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」のように書き、どの季節でも使えます。

各月の時候の挨拶

時候の挨拶は、季節感を重視するため、同じ月でも上旬、中旬、下旬で適したものが異なります。

以下の表では、その月全般に使える漢語調(ビジネス向け)の時候の挨拶を紹介します。上旬、中旬、下旬での挨拶や、口語調(カジュアル向け)の挨拶については各月の詳細を参照してください。

漢語表現
通年 時下
1月 寒冷の候、厳冬の候、厳寒の候、酷寒の候
2月 春寒の候、向春の候、晩冬の候、余寒の候、梅花の候
3月 早春の候、弥生の候、萌芽の候
4月 陽春の候、春暖の候、桜花の候、春和の候、春陽の候
5月 新緑の候、薫風の候、若葉の候、青葉の候
6月 向暑の候、青葉若葉の候、深緑の候、桜桃の候
7月 盛夏の候、猛暑の候
8月 残暑の候、立秋の候
9月 秋涼の候、秋風の候、秋晴の候、爽秋の候
10月 秋麗の候、菊花の候、秋涼の候、錦秋の候、夜長の候
11月 深秋の候、向寒の候、深冷の候、
12月 寒冷の、師走の候、歳末の候、歳晩の候

 

各月の時候の挨拶の詳細

この記事では、ビジネスで使用される漢語調の時候の挨拶を紹介しましたが、プライベートなどのカジュアルな口語表現での時候の挨拶や、結びの一言について各月の詳細については以下の記事で紹介しています。

1月の時候の挨拶
2月の時候の挨拶
3月の時候の挨拶
4月の時候の挨拶
5月の時候の挨拶
6月の時候の挨拶
7月の時候の挨拶
8月の時候の挨拶
9月の時候の挨拶
10月の時候の挨拶
11月の時候の挨拶
12月の時候の挨拶

時候の挨拶の記事一覧