退職する際には退職届の提出が必要ですが、初めての場合はどのように書くかわかりませんよね。

この記事では、令和対応の退職届テンプレートを紹介します。無料ダウンロードできるテンプレートの種類は、ワード、エクセル、PDFなのでスマホ、パソコン(mac,windows)で利用できます。pdf版は印刷して手書き用として使用できます。

すべて一般的な書式フォーマットなので、テンプレートの宛先や自分の所属、名称、挨拶文などを自分の状況に合わせて修正してください。

退職届テンプレート

word・excel・pdf版の例文付き退職届テンプレートです。退職届は通常、理由があっても「一身上の都合」とするので長々と退職に至った理由を説明する必要はありません。

縦書き

一般的な縦書きタイプの退職届テンプレートです。ワード、PDF版があります。各ダウンロードページ内の下部のボタンからダウンロードしてください。

横書き

A4、A5、B5の横書きタイプの退職届テンプレートです。ワード、エクセル、PDF版があります。退職届の書き方の参考にしてください。

その他

A4版の横書きの定年退職時の退職届と有給休暇届けを同時に申請する場合の退職願テンプレートです。定年退職については、会社に規定の用紙や方法がある場合が多いので、会社の規定に従ってください。有給休暇届兼用の退職願は、有給消化を同時に申請したい場合に使用できます。

 

退職願テンプレート

退職願のテンプレートが理由やサイズ別にダウンロードできます。ワード版が主で、PDF版はワード版からサンプルの例などを除去してあります。印刷して手書きで埋めていけばいいでしょう。

エクセル版は、あまり需要がないためA4横書きのみになります。

縦書き

一般的なa4縦書きの退職願テンプレートです。ワード、PDF版があります。退職願・退職届は、一般的に縦書きで書くとされていますが、英字の会社名なども多くなっているので縦書きか横書きは、会社で指定された書き方で作成します。
 

横書き

一般的なA4横書きの退職願テンプレートです。ワード、エクセル、PDF版があるので使いやすい方式のファイルをダウンロードしてください。内容は、自己都合での退職なので「一身上の都合」としています。文書では、特に詳細な理由を書く必要はありません。
 

その他

A4版の横書きの病気、体調不良などの場合、アルバイト・パート用の退職願テンプレートです。通常は、退職願や退職届は病気であっても「一身上の都合」でかまいません。特に会社に病気の理由と書くように求められたときに使用してください。アルバイト・パート用は、署名欄が少し異なっています。

退職願と退職届の違い

この記事では「退職願」と「退職届」でテンプレートがわかれているので2つの違いについて説明します。

まず、退職願は、退職の打診です。「退職してもいいですか?」というお伺いなので断られることもあることに注意してください。もちろん、わざわざ文書にせず口頭で「退職したい」と打診しても同じことです。

文書にすることで、意志が固いというアピールになります。提出先は上司であることが多いでしょう。

 
一方、退職届は退職することの届けです。すでに転職先も決まっていて辞めることが決まっている場合に提出します。提出先は、上司や人事など会社の規定や状況によって異なります。

この2つの違いに注意して各テンプレートをダウンロードしてください。

退職願
退職が決定する前に退職したい意志を伝える
通常は上司に提出する

退職届
退職が認められた後に提出する
提出先は会社による(上司や人事など)

退職届を書く際の注意点

退職届は、テンプレートに沿って氏名や宛先を埋めていけば完成します。その場合、理由などは一身上の都合などとし本当に辞める理由を丁寧に書く必要はありません。

また退職届には、以下のような作成時の注意点があるので知っておくといいでしょう。

会社都合の場合の退職届

退職届は、自分の意志で会社を辞めることを報告する文書なので、会社都合で辞めさせられる場合には退職届は提出しません。

むしろ、退職願や退職届を提出してしまうと自己都合とされてしまうこともあるので提出しない方が今後有利になります。

しかし、会社によっては退職する際に自己都合、会社都合問わず退職届を提出させるというところもあるので、その場合は会社都合であるとの文言を入れて退職届を提出する必要があります。

寿退社、妊娠、出産の場合

自己都合ではあるが、結婚して退職する場合や妊娠、出産と理由がある場合であっても、退職届は「一身上の都合」とします。

退職届には、特に理由を書き記す必要はなく、理由については退職を相談する際に上司に説明しておけば十分です。

まとめ

退職願、退職届のフリーテンプレートをワード、エクセル、PDFで紹介しました。

退職願は、退職をする旨の意志表示で、退職届は退職をしますという報告の文書です。状況により異なるので提出する文書を間違えないようにしましょう。会社に規定がある場合はそれに従います。

退職届の作成方法はシンプルで、理由や複雑なことを書く必要がなく、すべて「一身上の都合」とすればOKです。テンプレートを活用することで簡単、効率的に退職届を作成できます。

Twitterでフォローしよう