2020年対応のエクセルカレンダー

2020年対応のエクセルカレンダーテンプレートが無料でダウンロード可能です。A4一枚で1年間を表示できるカレンダーや、1ページで1か月のテンプレートなどがあります。

初期値で2020年の祝日が設定されていますが、年度と祝日を自分で設定することもできるので2021年以降も使用できます。

2020年エクセルカレンダーテンプレート

全部で5種類ありますが、02と03、04と05はカラーが違うだけでレイアウトは同じです。設定の説明がありますが、ダウンロードして、そのままでも2020年版として使用できます。

2020年対応エクセルカレンダーテンプレート ブルー
エクセルカレンダーテンプレート02 A4横タイプ ブルー

なお、上記のカレンダーにToDoリストがついた「カレンダー型のToDoリスト」のテンプレートも以下の記事で紹介しています。

▼ 参考記事

ToDoリストの無料エクセルテンプレート | カレンダー型ToDoリスト

2020年対応エクセルカレンダーテンプレート オレンジ
エクセルカレンダーテンプレート03 A4横タイプ オレンジ

2020年対応エクセルカレンダーテンプレート グリーン
エクセルカレンダーテンプレート04 A4横タイプ グリーン

2020年対応エクセルカレンダーテンプレート レッド
エクセルカレンダーテンプレート03 A4横タイプ レッド

2020年対応エクセルカレンダーテンプレート 年間
エクセルカレンダーテンプレート01 A4横 年間表示

02~05タイプの年度、祝日設定の方法

カレンダーテンプレート02~カレンダーテンプレート05までは、初期で2020年の日付と祝日が設定されています。(祝日に設定をするとその日付が休日用の色に変わります)

ここでは、2020年以外で使用する設定の方法を解説します。

1. 設定シートを呼び出す
エクセルシートの一番先頭に「設定」という名称のシートがあるので、そこをクリックします。

シート選択画面

「設定」シートを選択すると年度と祝日を設定する画面が表示されます。

設定画面

※ 赤で囲った部分が変更可能箇所です。

2. 年度を変更する

年度を変更するには、「年」の横の数字を表示したい年度の数値に変更します。初期値は「2020」と入力されています。この数値を変更すると自動的にカレンダー側の日付が該当の年度の日付に変更されます。

年の編集

3. 祝日を設定する

祝日の設定は、H列に日付を入力していきます。(H列であれば、連続していなくとも、どこでもかまいません。)

初期値では2020年の祝日が設定されているので、2020年以外の年度にする場合や、自分の休日を追加することで祝日の設定をすることができます。
(祝日はカレンダー上で休日色に変更されます)

4.カレンダーの基本色を変えたい場合

※色の変更はかなり面倒なのであまりお勧めしません。

・年や月のカラーは、通常のエクセルの操作でフォント色で変更できます。
・曜日の部分は、セルの塗りつぶしのカラーで変更できます。
・通常の土曜日、日曜日のカラーはフォントのカラーで変更できます。
・祝日のカラー、前月、次月に設定されているカラーは「ホーム」→「条件付き書式」で「ルールの管理」から数式を呼び出して書式を変更します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事